1508745438335

ゲームに挑戦して2万円分の妖精石をゲットする

限定イベント 「水鏡に映る花嫁」から登場した、限定アポロ王子。

今回の限定のアポロ王子はプリンスガチャ限定の王子ですが、通常のアポロ王子よりも、スキルでカナリ強くなりますので、頑張って覚醒させていきましょう。

それでは、限定アポロ王子の覚醒情報を見ていきましょう(^^)

スポンサーリンク



アポロ(水鏡に映る花嫁) 覚醒情報

紅鏡の国フレアルージュのアポロ王子
フレアルージュの真の王子になる存在だと思っている。

入手方法

イベント「水鏡に映る花嫁」期間中のプリンスガチャで入手可能

期間 2016年6月1日(水)0:00~6月6日(月)11:59

 

覚醒前ステータス

水鏡に映る花嫁 アポロ覚醒前

属性:パッション

レアリティ:★5

コスト:17

最大レベル:60

HP:586(最大1062)

攻撃:444(最大759)

回復:347(最大506)

リーダースキル   神からの贈り物

効果:赤属性の攻撃力が50%アップ

スキル   ブライトヘリオス

効果:赤を追加して、出現率をアップする

 

アポロ(水鏡に映る花嫁) 覚醒後情報

覚醒に必要な妖精&ゴールド

太陽覚醒

必要な妖精

グリモプラチナ×1、グリモゴールド×1
フェアリークイーン×1、フェアリープリンセス(赤)×2
フェアリーレディ(赤)×2、サンフェアリー(赤)×1

ゴールド 500,000

 

月覚醒

必要な妖精

グリモプラチナ×1、グリモゴールド×1
フェアリークイーン×1、フェアリープリンセス(赤)×2
フェアリーレディ(赤)×2、ムーンフェアリー(赤)×1

ゴールド 500,000

 

覚醒後ステータス

太陽覚醒

水鏡に映る花嫁 アポロ太陽

属性:パッション

レアリティ:★6

コスト:24

最大レベル:70

HP:956(最大1179)

攻撃:721(最大979)

回復:481(最大562)

リーダースキル   気高く強い妃

効果:赤属性の攻撃力が65%アップする

スキル   カーディナルブレイズ

効果:赤を8ピース追加して、出現率が中アップする

 

月覚醒

水鏡に映る花嫁 アポロ月

属性:パッション

レアリティ:★6

コスト:24

最大レベル:70

HP:956(最大1296)

攻撃:721(最大926)

回復:481(最大541)

リーダースキル   お前にささげる花

効果:赤属性の攻撃力を50%アップして、3属性以上で攻撃力を30%アップ

スキル   クレイブプロクス

効果:赤を8ピース追加して、出現率が中アップする

 

アポロ(水鏡に映る花嫁)おすすめ覚醒&総合評価

限定アポロ王子は、リーダースキルの内容によって覚醒ルートを選んだほうがいいと思うのですが、平均的に考えると月覚醒がオススメです!

月覚醒のリーダースキルは、3属性以上でも攻撃力をアップすることができるので、パーティーを組みやすいですよね(^^)

色んなクエストにも対応できるし、今後も夢100をスムーズに進めることができるとおもいますので、当サイトでは月覚醒をオススメします(^^)

 

でも管理人は、外見で選んでもいいと思います(^^)
それぞれ全然見た目が違いますので、強い王子を持っているかたですと見た目重視で選びましょう♪

 

アポロ(水鏡に映る花嫁)ストーリーネタバレ

あらすじ

アフロスでアポロと再会した、あなた。
婚宴が終わった後に、突然アポロに「俺の妃になれ」と言われとまどう。。

 

選択枠

運命の水鏡

言い淀む  太陽+8

ごまかす   月+8

 

強さと弱さ

いきなりだから   太陽+4

どうして私を?   月+4

ごめんなさい   月+8

放して下さい   太陽+8

 

彼の背を追って

話がしたい   太陽+12

一緒に沐浴(もくよく)を?   月+12

 

迷いを強さに変えて

抱きつく   太陽+12

男たちを確認する   月+16

スポンサーリンク



アポロ(水鏡に映る花嫁)スチルネタバレ

妖精石を無料でゲットする裏技

もし、あなたが妖精石が欲しいと思っているのなら、この方法を試してみてください。

5000円分の妖精石を無料でゲットすることが出来ます。

使用するのは、ポイントサイトなのですが、メールアドレスの登録など必要なく、LINE IDだけで簡単に登録することが出来ます。(必要ないと思ったらすぐにブロックしてもOKです)

さらに、キャンペーンに参加することで、5000円分の妖精石も無料でゲットすることが出来ます♪

登録はこちらから⇒POM

キャプチャ

登録はこちらから⇒POM

関連記事